学費

※日本学生支援機構「給付型」予約採用者は、減免後の学費を別途ご案内します。
※学費納入時期に関しましては、ご相談頂ければ柔軟に対応致します。

例‐他校併願制度 (自己推薦型選抜、一般選抜の出願者で「他校併願届」を提出することで、他校の合否結果を待って、入学金納入等の入学手続きをすることができます。 この制度を利用する場合は、出願時に出願書類と合わせて他校併願届を提出してください。)

4年制(昼間部)

1学年

入学金

授業料

実習費

教育充実費

合計

納期

入学期

100,000円

-

-

-

100,000円

入学手続き

-

400,000円

125,000円

75,000円

600,000円

3月

後期

-

400,000円

125,000円

75,000円

600,000円

9月

初年度 合計

100,000円

800,000円

250,000円

150,000円

1,300,000円

-

4年間合計 4,900,000円

※2年次以降は、入学金を除いた額となります。 
※2年次以降の学費は、原則として一括納入となりますので予めご了承ください。 
※教科書、教材、実習着、実習にかかる交通費および宿泊費等は個別負担となります。
(詳細はこちら:その他の費用)

【学費の返還について】 
 本校への入学を辞退される場合は、速やかに入試事務局までご連絡ください。本校より「入学辞退届」を郵送しますので、必要事項を記入して入試事務局まで提出してください。令和7年3月31日までに「入学辞退届」を提出した場合に限り、入学金を除いた金額を返還いたします。

3年制(夜間部)

1学年

入学金

授業料

実習費

教育充実費

合計

納期

入学期

100,000円

-

-

-

100,000円

入学手続き

-

400,000円

125,000円

50,000円

575,000円

3月

後期

-

400,000円

125,000円

50,000円

575,000円

9月

初年度 合計

100,000円

800,000円

250,000円

100,000円

1,250,000円

-

3年間合計 3,550,000円

※2年次以降は、入学金を除いた額となります。 
※2年次以降の学費は、原則として一括納入となりますので予めご了承ください。 
※教科書、教材、実習着、実習にかかる交通費および宿泊費等は個別負担となります。
(詳細はこちら:その他の費用)
【学費の返還について】 
 本校への入学を辞退される場合は、速やかに入試事務局までご連絡ください。本校より「入学辞退届」を郵送しますので、必要事項を記入して入試事務局まで提出してください。令和7年3月31日までに「入学辞退届」を提出した場合に限り、入学金を除いた金額を返還いたします。

学費サポート

「教育訓練給付金制度【一般教育訓練】

受講者が支払った教育訓練費(入学金+授業料(最大1年分)の合計)のうち、20%に相当する額、支給額の上限10万円がハローワークより支給されます。 
 
支給対象者(受給資格者)は、次の(1)又は(2)のいずれかに該当する方であって、当校を卒業(厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了)した方。 
(1) 雇用保険の一般被保険者 
入学日において雇用保険の一般被保険者である方のうち、支給要件期間が3年以上(初回の方については1年以上)ある方 
(2) 雇用保険の一般被保険者であった方 
入学日において一般被保険者でない方のうち、一般被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年(適用対象期間の延長が行われた場合には最大4年)以内であり、かつ支給要件期間が3年以上(初回の方については1年以上)ある方



理学療法学科(夜間) 指定番号 旧11235-211001-5   新1120235-2110012-5(令和4年4月1日~) 

支給手続きと申請時期について 
卒業日の翌日から起算して1ヵ月以内に支給申請手続を行って下さい。(適用対象期間の延長中に受講を開始し、修了された方も含みます) 
また支給申請手続きは、教育訓練を受講した本人が卒業後、原則本人の住居所を管轄するハローワークに対して、所定書類を提出する必要があります。 

制度及び申請手続きの詳細については最寄りのハローワーク(公共職業安定所)にお尋いただくか、以下の関連サイトをご覧ください。 
ハローワークインターネットサービス 
厚生労働省「一般教育訓練」について

 授業料減免制度

高等教育の修学支援新制度(授業料等減免と給付型奨学金) 
この制度は、授業料・入学金の免除または減額(授業料等減免)と給付型奨学金の支給の2つの支援により、安心して学んでいただくものです。世帯収入や資産の要件を満たしていることと、進学先で学ぶ意欲がある学生であることが条件です。条件を満たすと、最大給付奨学金が約46万円、授業料が59万円減免(1年間あたり)されます。 
詳しくはこちらをご覧ください。
対象者の基準はこちらをご覧ください。
また、新たに多子世帯も対象となりました。
多子世帯の基準はこちらをご覧ください。

 日本学生支援機構奨学金

奨学金は、月々の決まった金額の貸与を受けることで、生活費や次年度の学費の貯蓄などに充てることができます。 
日本学生支援機構の奨学金は、国が実施する公的な貸与型の奨学金です。 
 
「予約採用」 在学している高等学校に申し込みをする。※詳しくは高校の先生にご確認ください。「在学採用」 入学後に申し込みをする。のどちらかで申し込むことができます。

 日本学生支援機構 第一種奨学金

 

貸与月額

自宅通学:2万円、3万円、4万円、5万3千円
自宅外通学:2万円、3万円、4万円、5万円、6万円

利息

無利息

返済期間

貸与終了より6ヵ月後から14年程度 (貸与金額等により異なります)
返済例 
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/houhou/henkan_hoshiki/kappu/sample/sensyusenmon.html

 日本学生支援機構 第二種奨学金

 

貸与月額

2万円~12万円から希望月額を選択できます。(1万円刻み)

利息

年(365日あたり)3%を上限とする利息付です。なお、在学中は無利息です。

返済期間

貸与終了より6ヶ月後から20年程度(貸与金額等により異なります) 
返済例 
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/houhou/henkan_hoshiki/kappu/sample/sensyusenmon.html

日本学生支援機構の奨学金の詳しい情報は日本学生支援機構のHPをご覧ください。

(参考)奨学金と教育ローンの違い

 奨学金教育ローン
申込者学生本人のみ原則保護者申し込み
申込期間●高校3年生の春(予約採用)※学費分納制度利用可 
●入学後4月(在学採用)
入学前
(申し込み時もしくは契約時に合格通知が必要です)
貸与方法 月々ごとの貸与 
⇒生活費や次年度学費の貯蓄に有効
一括貸与
⇒入学金・授業料、諸費用等の納入に有効

入学後に受けられる日本学生支援機構以外の主な企業・自治体の奨学金 お申込みは各個人でお問い合わせください。

 医療生協さいたま生活協同組合福島県理学療法士等修学資金
申込者学生本人のみ原則保護者申し込み
申込期間●高校3年生の春(予約採用) 
※学費分納制度利用可 
●入学後4月(在学採用)
入学前 
(申し込み時もしくは 
契約時に合格通知が必要です)
貸与方法 月々ごとの貸与 
⇒生活費や次年度学費の貯蓄に有効
一括貸与 
⇒入学金・授業料、諸費用等の納入に有効

入学前に融資が受けられる主な教育ローン

※2年次以降は、入学金を除いた額となります。 
※2年次以降の学費は、原則として一括納入となりますので予めご了承ください。 
○融資の利率(固定金利年2.25% 令和5年10月時点) 
○対象(世帯年収が基準以内) 
○資金の使途(学校納付金、自宅外通学に必要な住居費用、教科書代等) 
 
授業料や教材費だけではなく、入学のための住居費用や通学費用など進学にかかるすべての費用が融資の対象となります。また貸与は一括貸与のため、まとまった資金の準備にも活用いただけます。詳しくは日本政策金融公庫のHPをご覧ください。

埼玉りそな銀行 りそな教育ローン学生プラン

医療系国家資格取得のための学校に在学中または入学予定の方

セディナ学費ローン

対象:本人または保護者(安定収入がある方)利率(3.9%) 
詳しくはこちら→昼間部夜間部

オリコ教育ローン 学費サポートプラン

対象:本人または保護者(世帯年収が基準以内)利率(3.9%保証料込) 
詳しくはこちら→昼間部夜間部